第31回 2023/2/9(木)19:30~図書館の「収入」は多様化できるか ― 経産省中国経済産業局の地元書店応援施策「プレ読」に学ぶ【前編】

2月の「本の場」は図書館界から少し離れて、国から見た地域経済振興策の実際を学ぶことによって、図書館の「収入」を多様化し増やしていく可能性について考えてみたいと思います。【前編】では「プレ読」企画の具体的な内容を中心にお話しいただきます。

2023.02.01 / WEBINAR / 本の場

2月19日(日)14:00~16:30オンラインイベント「専門家とは誰か〜専門家と専門性の実態を問う」を開催しますWho is an Expert? Fachidiot? Amature? Conpartmentalization?

2020年に始まったコロナ禍を巡る騒動の中で盛んに連呼されたのが「専門家」という言葉でした。特に政府やメディアが医療の専門家に経済・社会制度設計のあり方などについて問い始めたあたりからその混乱に拍車がかかります。

2023.01.29 / WEBINAR / 村上陽一郎

第30回 2023/1/28(土)19:30~『闘う図書館』豊田恭子さんと一緒に、日本各地の「闘う図書館」の話をする会【後編】 熊本県荒尾市、宮崎県都城市

【後編】では、熊本県荒尾市と宮崎県都城市からゲストをお迎えしながら、さらに議論を広げ深めていく予定です。【前編】で出たいくつかの話題、公共図書館における指定管理者制度のあり方、図書館側からの自治体や社会に対するアピール、

2023.01.17 / WEBINAR / 本の場

第29回 2023/1/14(土)19:30~『闘う図書館』豊田恭子さんと一緒に、日本各地の「闘う図書館」の話をする会【前編】 宮崎県椎葉村、愛知県田原市

「本の場」ウェビナーの新年の始まりは、2022年10月に刊行され図書館界で大きな話題となっている『闘う図書館』の著者・豊田恭子さんをお招きし、二夜にわたってお話を伺います。【前編】では、宮崎県椎葉村図書館と愛知県田原市図書館を題材として豊田さんとお話していきます。

2023.01.06 / WEBINAR / 本の場

「本の場」ウェビナー2022回顧 ②愛知県田原市―図書館は地域の「フューチャーセンター」

人口約6万人、愛知県東南部渥美半島のほぼ全域を占め、海と山に恵まれ全国有数の農業生産を誇ると同時に自動車関連をはじめとする工業も盛んな、豊かな街・田原市。2022年11月の「本の場」で取り上げた田原市図書館は、100年後も親しまれる図書館を目指して地域と共に歩み続けておられました。

2023.01.05 / VOICES / 本の場

「本の場」ウェビナー2022回顧 ①宮崎県椎葉村―自治体と一枚岩の図書館

2022年7月の「本の場」で取り上げた宮崎県椎葉村図書館「ぶん文Bun」は、その整備から運営まで一貫した自治体と一枚岩の戦略性が強烈に印象に残りました。初回ウェビナーのサブタイトル「公共図書館はいかにしてその存在意義を高めるか」が深く納得できた4週間だったと思います。

2023.01.05 / VOICES / 本の場

【予告】第29~30回 『闘う図書館』豊田恭子さんと一緒に、日本各地の「闘う図書館」の話をする会

「本の場」ウェビナーの新年の始まりは、2022年10月に刊行され図書館界で大きな話題となっている『闘う図書館』の著者・豊田恭子さんをお招きし、二夜にわたってお話を伺います。

2022.12.28 / WEBINAR / 本の場

第28回 2022/12/22(木)19:30~中心街ににぎわいを取り戻す―5年目を迎えた都城市立図書館の今 ④雑談の会、働き甲斐のある図書館とは

最終回の第4週は「雑談の会」です。豊かな自然と温かいコミュニティ、先端的な複合施設と数々の最新設備、司書だけではない多様なプロフェッショナルが協働する職場、次々湧き出るアイデアを実現していく実行力、都会とも上手く繋がりつづける柔軟性、市民の中に確かに生まれてきている新しい地縁、……。

2022.12.14 / WEBINAR / 本の場

第27回 2022/12/15(木)19:30~中心街ににぎわいを取り戻す―5年目を迎えた都城市立図書館の今 ③自治体と指定管理者はどうやって目線を合わせているか

第3週は「自治体と指定管理者はどうやって目線を合わせているか」です。開館直後は忙し過ぎてあまり記憶がない、とおっしゃる前田さん。その後の5年間の都城での仕事と暮らしはとても楽しく充実したものだったそうです。

2022.12.06 / WEBINAR / 本の場

第26回 2022/12/8(木)19:30~中心街ににぎわいを取り戻す―5年目を迎えた都城市立図書館の今 ②都城市立図書館は今どんなことをしているか

第2週は「都城市立図書館は今どんなことをしているか」と題して、多様なイベントや企画展示がどのように企画運営され、「インデックス(さくいん)」「プレススタジオ」「ティーンズスタジオ」等々ユニークな仕掛けや設備がどのように活用され、地域連携やMallmall内他施設との連携がどのように進展してきているのか、具体的にお話しいただきます。

2022.11.30 / WEBINAR / 本の場

新たなケアの文化とスピリチュアリティ第5回 コンパッション都市に向けて 

第5回は「コンパッション都市に向けて」をテーマに、静岡大学未来社会デザイン機構副機構長、農学部・創造科学技術大学院教授で、死生学カフェや哲学対話塾を主宰する竹之内裕文さんをお迎えします。

2022.11.25 / WEBINAR / 島薗 進

第25回 2022/12/1(木)19:30~中心街ににぎわいを取り戻す―5年目を迎えた都城市立図書館の今 ①都城市の中心街は今どうなっているか

12月の「本の場」では、都城市立図書館の今現在の立ち位置を、副館長の前田小藻さんから詳しくお伺いします。都城市立図書館は、指定管理者制度で運営されています。民間活力を導入して公共施設を活性化することを目指す同制度は、図書館運営には馴染まないものと長らく言われてきています

2022.11.24 / WEBINAR / 本の場

ARCHIVES

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後開催される全てのトークイベント(本の場 local knowledge 以外)が月額500円で視聴できます。

NEWSLETTER

local knowledge 編集部のお勧め記事やウェビナー・ウェブイベントのお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。